羽生一子LittleWing 道東サマーツアーを終えて
2011.8.13 コメントは受け付けていません。

初日 「網走ランサム」に思ったよりも余裕で到着(それでも移動6時間)久しぶりの桂田瑞穂(P)とリハーサルを終えいざ本番。いつものお客様が勢揃い、ランサムママもちょー元気ニッコニコ笑顔「ほら早くご飯たべなさ〜い(北海道弁発音なので語尾は上がる)いっぱい食べてねぇ〜ほらほら」私「ママ、本番前はそんなに食べられないって〜」ママ「そんな事言わないでもっと食べてぇ〜」写真は翌日の朝食の一部「箱ウニ」さすが漁師さんち。特別じゃないらしい。

2日目 「斜里さわやかAIR祭」野外ステージ。毎回雨に打たれながら踊ってます、と主催のKenちゃんは言っていたが今年は晴れた!小麦色一面にじゃが芋の白い花が咲く大自然の真ん中、澄んだ空気これぞ北海道よ。ステージから斜里岳を眺めながら気持ちよい空間。

道内、東京から集った若さ炸裂イベントは地元の若者達が主導。おまけに宙を舞うかの様なダンサー達。ちょっと爆音はきつかったけど。。あと20歳若かったらダンスやりたいなぁ・・(イヤやろうかな・・間に合うかな・・むりむり〜!と息子の声)写真 中央ブルーシャツの方は会場の麺通館(メンズクラブ)店長、地元で知らない人は居ない?アルトサックスプレーヤー久野聖一さん。そのむかし古澤バンドを完コピをしていたらしい。






3日目「弟子屈(てしかが)川湯温泉 御園ホテル」温泉の質がとても良い川湯温泉。ここで2年前に偶然入った居酒屋に師匠古澤良冶郎のLPジャケットが飾られていた。この事がきっかけで今回のコンサートを企画していただく事に繋がった。27年前に師匠達がジャズフェス(カムイトゥラノ)で訪れていた地。今回ステージに当時のミュージシャンのサイン、そして師匠のポスターは居酒屋「源平」のトイレの壁に大切に貼られていた(トイレの神様?)ので茶色くすすけているが、今回ちゃんと額に入れて華々しく再デビューしたのだった、良かったね古澤さん♪

写真は会場の御園ホテル。ここにも温かいもてなしとよく働く(動く)社長の笑顔、ホテルスタッフ。お客様が自然体でライブを受け入れてくれた事でバンドも盛り上がった。源平マスターの真心、とつとつとした開演のあいさつにも感謝。実は1曲目・・泣きそうでリズムばたばたでした・・
ライブ翌日、川湯温泉駅前。ぼけらーっと散歩する私達に「観光ですか?」と店員さんが声をかけてきた。「いえ、ゆうべ御園ホテルで演奏したバンドなんです」店員さん「ええーっ?あのバンドの皆さん!?」慌てて「とっても良かったですよ〜!!ほほほ」・・・ステージ降りたらただの人 ぽん。

4日目 釧路THIS IS(ジスイス)
今年で42周年を迎える老舗ジャズ喫茶 長細い店内に長細い素敵な木のテーブル。バンドもお客様も長細く並びカウンターの中から微笑むマスター。小さな人形やアンティーク小物、懐かしい方々の写真がカウンターにぎっしりと詰まっている。それを私は低い位置から見上げて演奏、まさにジスイズワールド。お客様との距離が近いので緊張感もたっぷりだけど個人的な話もしてしまうようなアットホームな空間。お店に到着したとたんマスターは「お帰りなさい!」と走り寄って来てくれた。そうそう、こういう人に人が集まり「場」が自然と出来上がっていく。おいしいコーヒーとお肌つるっつるのマスター小林さん最高!ジスイズファミリーの皆さんありがとうございました!

川湯温泉駅舎内の喫茶店『オーチャードグラス』ステンドグラス、木のぬくもりと天井の高さで癒されます。

思わず車を寄せてしまった「ひまわり畑と赤シソの畑」

コメントはまだありません。

コメントフォームは現在閉鎖中です。